弥谷鷹仁の顔画像やSNSは?驚愕な銀行マンの裏の顔?!奥さんに何が・・

何とも信じられない悲報な事件です。

社会からも注目を集め、銀行員としてエリートの道をたどっていた男性が、自分の奥さんを殺害するという事件が起きました。その真意とは・・??また奥さんの身に一体何が・・??

スポンサーリンク

事件の概要

茨城県内の実家の敷地内に、自身の妻の遺体を遺棄したとして今月18日、36歳の男性とその母である女性を逮捕しました。

概要は以下の通りです。

妻とみられる遺体を茨城県取手市の自身の実家に埋めたとして、死体遺棄の疑いで逮捕、送検された千葉県柏市の銀行員、弥谷鷹仁(やたに・たかひと)容疑者(36)と、母親で取手市の会社役員、恵美容疑者(63)。県警は殺人容疑も視野に遺体の身元や死因の特定を急ぐ。

 鷹仁容疑者は、3月4日に妻(30)について、車で出掛けた際、口論になり、千葉県我孫子市内で降りてどこかへ行ってしまったと説明していたが、付近の防犯カメラに妻の姿が写っていなかった。  出典;zakzak

上記は殺害された弥谷鷹仁容疑者の妻・麻衣子さんですが、一体夫婦間で何があったのかと考えると、何ともいえなくなってきますね。

結婚して新しい家庭を築きあげていく過程には様々な困難事があるのだと思います。

一番憎らしいのは、麻衣子さんが殺された後、夫の弥谷鷹仁容疑者はともかく、その母親の恵美容疑者も死体遺棄に協力しているということです。

母親であれば本来、罪を犯した息子をつぐなわせるため、警察に引き渡す等の行動をするのが普通ですが、逆に犯行を幇助したというのはどういう神経をしているのかと思われる方が多いでしょう。

2人ともしっかりと罪をつぐなってほしいものです。

弥谷鷹仁容疑者の顔画像は??

今回、逮捕された弥谷容疑者とその母の顔画像は公開されているのでしょうか。

・名前:弥谷鷹仁(やたにたかひと)

・年齢:36歳

・職業:銀行員(きらぼし銀行にて融資業務担当)

・住所:千葉県柏市南柏中央

・被害者との関係:夫婦

弥谷鷹仁容疑者の顔画像は公開されており、以下の通りです。

・名前:弥谷恵美(やたにえみ)

・年齢:63歳

・職業:会社役員(株式会社ザ・ハーブ・ダイニング)

・住所:茨城県取手市井野台4丁目19-17

・被害者から見た関係:夫の母

弥谷恵美容疑者の顔画像もやはり公開されており、以下の通りです。

また、2人の容疑者のFacebookアカウントに関しても調べてみました。検索結果は以下の通りです。

弥谷鷹仁容疑者のFacebookアカウント検索結果はこちら

弥谷恵美容疑者のFacebookアカウント検索結果はこちら

スポンサーリンク

犯行現場について

今回、死体遺棄された現場はどのあたりだったのでしょうか。

弥谷麻衣子さん(30)が遺棄された現場は、弥谷鷹仁容疑者(36)の

実家である茨城県取手市井野台4丁目19-17ということですが、その現場周辺の地図がこちらです。

住所はザ・ハーブ・ダイニングという喫茶店で、どうやら自宅兼店舗みたいですね。

周辺はところどころ住宅であり、近所付き合い等も普通にしやすい立地環境だと思われます。

ましてや、上記のようにいくつもの土のうが置かれて、そこに麻衣子さんが遺棄されているとは誰も思わないでしょう・・。

周辺の住民の方は凄く驚かれたと思われます。

事件の真意は??

この事件の発端はどういったところにあったのでしょうか。

順番に細かく時系列を追ってみました。

実際に、麻衣子さんのフェイスブックには・・・

 「今日娘を連れてお出掛けしましたが、泣くわ暴れるわ。泣きながら帰ってきました。2月17日。保育園必死で探してる隣で旦那はお酒飲んで気持ちよく寝ててまたイライラ!」(麻衣子さんのフェイスブックより)  

           

この書き込みからおよそ2週間、麻衣子さんは突然姿を消したのです。すると、弥谷容疑者は今年3月上旬、警察に、こう届け出ます。

           

「3月4日の日に車内で口論となって、我孫子市内で妻が車を降りて戻ってこなくなった」(弥谷容疑者)

           

しかし、警察が周辺の防犯カメラを調べたところ、麻衣子さんが車から降りる様子は確認されませんでした。すると、弥谷容疑者は・・・

           ⇓

「夫婦間の不満がたまり、妻の首を絞めて殺害した」(弥谷容疑者)

           

麻衣子さんと口論になって殺害し、自宅からおよそ12キロ離れた取手市内の実家に埋めたことを認めました。さらに、弥谷容疑者と一緒に遺体を埋めたことを認めたのは、母親の恵美容疑者だったのです。

           

「息子から頼まれて手伝った」(母親・恵美容疑者)

             出典;TBS NEWS

上記のような家庭状況から、夫婦間でのトラブル、子育てに対する不安、普段からの鷹仁容疑者の酒癖や態度等が発端となって、事件に発展してしまったと思われます。

夫婦が結婚して新たな生活を築いていく中でぶつかる大きな壁ともいえるのが、上記のような揉め事やトラブルですが、これらを乗りきれない以上幸せな家庭どころか、普通に生活することすら難しいのではないでしょうか。

弥谷容疑者はどんな人なのか?

弥谷鷹仁容疑者は普段どんな性格の人だったのでしょうか。

非常に優秀でエリートな銀行員で、

「東京の経済を支える仕事は大変やりがいがあります」(勤務先のHPにて)

↑↑こんなことを言っていた人が、まさか殺人を犯すなんてどうも考えられませんよね。

まさに銀行マンの裏の顔というものでしょうか・・。

周囲からは、

「(弥谷容疑者は)すごく後輩の面倒見も良くて、人当たりも良くて。まさかこんなことをするような、すごく信頼していた方なので。」

「子育てで夫婦間のずれがあったのかな。ワンオペ育児(妻だけの育児)になっている印象」(夫婦の元同僚)  出典;TBS NEWS 

やはり、表面では人当たりも良くポジティブな一面が見える性格のようでしたが、家庭事情となればまた別の人間性が出ていたようです。

また弥谷容疑者が育った環境も少しは影響しているのかもしれませんね。

特に母親である恵美容疑者に関しても、

「子どものことにまで口出してくると聞いたことがあった。マザコンじゃないですけど、過保護なところがあるので」(弥谷容疑者の弟の同級生)  出典;TBS NEWS

このように、母親の元からいつまでも離れられない弥谷容疑者がいたのかもしれないですね。

でもやはり、結婚している以上、自身の家族を養っていくため、愛する妻や愛する子供をずっと守っていく姿勢の方がより大事なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Great article. Good to understand for everyone.