小林桂寿の顔画像は?家族や彼女は?住人に見つかった後の驚愕な態度とは?!

なんとびっくり・・

深夜に住宅に侵入して現金を奪おうとした犯人が、住人に見つかり、暴れるかと思いきや、驚愕な態度をとったのです。住人はおろか、かけつけた警察官も唖然とした、その犯人の態度とは一体・・

スポンサーリンク

事件の概要

今月29日の午前2時頃、帰宅した住人の住宅に窓から侵入し、現金を盗んだとして38歳の無職の男性が逮捕されました。その時の犯人はなんと、、「正座」をしていたということです。  概要は以下の通りです。

住宅に侵入して現金を盗んだ疑いで38歳の男が現行犯逮捕されました。警察官が駆け付けると、男は廊下で正座をして住人の男性に諭されていました。

 自称・無職の小林桂寿容疑者は29日午前2時ごろ、川崎市高津区の住宅に窓から忍び込み、現金約4万円を盗んだ疑いが持たれています。帰宅した住人の男性は部屋の中で小林容疑者と鉢合わせました。  出典;テレ朝news

普通にびっくりしますよね・・

用事等から深夜に帰宅すると見知らぬ人が家の中にいると誰でも驚きます。

さらにもっと驚いたことは、、犯人と顔合わせになった瞬間、大パニックに陥るどころか、容疑者側から観念したのか、まるで逮捕して下さいといわんばかりに住人に諭されていた点ですね。

以下、容疑者と鉢合わせた時の住人のコメントです。

小林容疑者と鉢合わせた男性:「電気をつけた瞬間にもう犯人がここにこっちを向いている状態でいたのでびっくりですよね」「(Q.その時の容疑者の様子は?)慌てることもなく冷静に普通に降りてきて諦めた感じですかね」
 その後、男性の妻の通報で警察官が駆け付けると正座をする小林容疑者の姿がありました。男性は興奮させないよう優しい口調で話し掛けていたといいます。
 小林容疑者と鉢合わせた男性:「(Q.暴れる様子は?)全くなかったですね、観念したのか。警察もびっくりしていました、素直に言っていたので。自分も犯人かのように諭した。自殺したいとかすごい言っていた、そんなことは皆あると。そんな時になだめて冷静に対応したことが良かったのかなあと思いますね」  出典:テレ朝news

「小林桂寿 容疑者 」の画像検索結果

出典;テレ朝news

優しい被害者で大変よかったものの、恐くて乱暴な住人であれば危難区域であったと思われます。やはりいくら生活が厳しくとも、住居侵入してまで強盗を犯すことは良くないですね。

小林桂寿容疑者の顔画像は?

今回、強盗の疑いで逮捕された小林容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

・名前:小林桂寿(こばやしけいじゅ)

・年齢:38歳

・職業:無職

・住所:不詳

・被害者との関係:面識なし

小林容疑者の顔画像はニュース等で公開されていないようです。

また、同容疑者のSNSに関しても調べましたが、容疑者本人と断定できるアカウントはありませんでした。検索結果は以下の通りです。

Facebookアカウントの検索結果はこちら

Twitterアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

犯行現場について

今回、小林容疑者が強盗のために侵入した住宅はどのあたりだったのでしょうか。

川崎市高津区の住宅街のどこかということで、周辺地域をあげると、

上記のように、地域が広いため具体的な現場までは特定することができません。

また、小林容疑者の住所も不詳ということですが、犯行現場の近辺もしくは少し離れた地域に住んでいたのではないかと推定されます。

小林桂寿容疑者の家族は?彼女はいたのか?

38歳の無職であった小林容疑者ですが、結婚して家庭をもっていたのでしょうか。

現在のところ、同容疑者の家庭事情や恋人関係に関する報道等はされていないため、100%の断定はできませんが、今回の事件の犯行動機という視点から考慮すれば、自分の家族のため、または恋人のためにお金が必要であったという捉え方もあります。(犯行を犯してまで資金を得ようとする人に付いていく家族や恋人がいるかどうかは不明ですが・・)

また、同容疑者の顔画像が公開されていないため、表情や喜怒哀楽の様子等の想像はできませんが、顔が大変イケメンで男らしさがあふれていれば、恋人や大切な人がいた可能性はありますね(顔で判断しない女性も多いですが・・)

まとめ

今回の小林容疑者の住居侵入現金強盗事件で、普通であれば住人に見つかったところで大パニック状態になるであろうところ、被害者の住人が証言したように冷静に対処することで、小林容疑者の素直さを引き出す一面が出たという点で非常に珍しいケースの事件でしたね。

もっとも、小林容疑者が「正座」をした行動には驚愕させられましたね。ほんとは良い性格で根は几帳面で真面目な容疑者だったのかもしれないですね。

また犯行動機は生活費のためということで、大概は職なしの自分自身のためという捉え方が一般的だと思われますが、場合によっては自分にとって大切な人のためだと推定されるケースもあるのではということですね。

いづれにせよ、犯行に及ぶのは悪い行動であり、法で定められている絶対的な掟です。しっかりと罪をつぐなっていただきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする