平松幸次の顔画像やFacebookは?高齢者をひき逃げか?!

人身に関わる交通事故が多いのが現状ですが、最も凶悪なのはひき逃げ事故です。

先日、神戸市長田区のある交差点にて高齢の女性を乗用車でひいた後、その場から立ち去ったとして同市の会社員が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

今月4日、神戸市長田区にある交差点で、86歳の女性を乗用車でひいた後にそのまま立ち去った疑いで、54歳の会社員が逮捕されたのです。

概要は以下の通りです。

今月4日、神戸市長田区の交差点で、86歳の女性がひき逃げされ、重傷を負った事件で、車を運転していた会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、神戸市長田区の会社員・平松幸次容疑者(54)です。平松容疑者は4日午後7時40分ごろ、長田区房王寺町の交差点で、青信号の横断歩道を渡っていた、86歳の女性をはね、そのまま逃走した疑いがもたれています。女性は骨盤を折る重傷を負いました。警察によると、目撃者の車のドライブレコーダーから車種を特定、平松容疑者が浮上しました。警察の調べに対し、平松容疑者は「運転していて事故を起こして逃げたことに間違いない」と容疑を認めているということです。  出典:goo ニュース

非常に痛々しい出来事ですね。

被害者の女性は骨盤を折る重傷を負ったということですが、命に別条はないのかどうかが心配ですね。

容疑者のひき逃げに関しては論外としか言えないですね。事故を起こしてしまったとしても車を停止させて被害者の安全確認や警察への連絡を行うのが普通ですね。よっぽど故意に事故を起こしてやろうと思っている人であればまた別の話ですが・・。

幸い、平松容疑者は他車のドライブレコーダーから車種の特徴等をうつされていたため逮捕され、ひき逃げ事故に関しては容疑を認めているということです。

ちなみにひき逃げ事故を起こした場合の処分は非常に重いものとなっています。絶対にしないようにしましょう。

平松幸次容疑者の顔画像は?

今回、ひき逃げ容疑で逮捕された平松容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

・名前:平松幸次(ひらまつこうじ)

・年齢:54歳

・職業:会社員

・住所:兵庫県神戸市長田区

・被害者との関係:面識なし

平松容疑者の顔画像は報道等で公開されていないようです。

また、同容疑者のSNSアカウントに関しても調べてみましたが、本人と特定できるアカウントはありませんでした。気になる方は下記にて確認してみて下さい。

Facebookアカウントの検索結果はこちら

Twitterアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

事故現場について

今回のひき逃げ事故が起こった現場はどのあたりだったのでしょうか。

ニュースや記事では「長田区房王寺町の交差点」であるとのことですが・・

ニュースや報道等の映像より、上記の場所が現場ではないかと推定できます。

神戸電鉄の長田駅を出てすぐ右に曲がった大きな交差点です。

確かに周辺は乗用車が多く通りスピードも出せる道なので、信号が変わっても乗用車同士の事故や歩行者に対する事故が起きる可能性はありますね。

事故現場が大きな交差点なので、今回みたいに事故当時の様子を目撃している方も他に数人いたのかもしれないですね。相当びっくりされたかと思われます。

ネット上での反応について

今回のひき逃げ事故に関する様々なコメントが寄せられています。

今の日本の交通モラルの低下を考えるとドラレコによる交通監視社会も悪く無いかもね。
その代わり車道飛び出しや信号無視には車両も自転車、歩行者も関係無く裁いて欲しい。  出典:YAHOO JAPAN ニュース

ひき逃げは逃げたら終わりです。
よく怖くなって逃げたとかありますが普通怖くて逃げれませんよ。
自分の事しか考えてないから逃げれるんです。
自分も過去にありましたがすぐさま相手の所に行きました。  出典:YAHOO JAPAN ニュース

今や急速にドラレコが普及したおかげで走る防犯カメラがあちこちにあるようなもんだからね。
それなのに逃げ切れると思うとはアホとしか言いようがない。  出典:YAHOO JAPAN ニュース

まさしくその通りですね。

自己中心的な性格の人だとひいた後に逃げてしまう傾向があるようですね。

またドラレコ(=ドライブレコーダーの略)の普及で容疑者の車や車種、証拠等を特定しやすくなったのは非常に便利ですね。このように当事者とは関係のない第三者の協力等も得た上で犯人特定につながったのは非常に素晴らしいことですね。

やはり、今回の事故や他のひき逃げ事故にも言えることですが、自分の犯罪はいづれバレるということですね。その時悪いことをしてしまったとしても、その場でしっかりと罪をつぐなってほしいですね。

それが地域のため、住民のため、安全のためとなり、誰もが生活しやすく住みよい場所になっていくことを祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする