砥山俊彦と修の顔画像やFacebookは?寝たきり女性を見殺しか?!その動機がヒドい!!

同居していた寝たきり状態の女性に対し、十分な食事を与えなかったり、病院に連れていかなかったりして放置したまま死亡させたとして、同居していた男性2人が逮捕されました。

その動機が驚くほど酷いのですが、どういった理由なのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

とても悲しい出来事が名古屋市内のある自宅で起きてしまいました。

自宅で寝たきり状態であった女性、砥山祐子さん(当時56歳)に対し、衰弱しているにも関わらず、十分な介護をせずに放置したまま死亡させた疑いで、同居していた男性2人が逮捕されました。 

概要は以下の通りです。 ↓ ↓

寝たきりの女性を放置して死なせたとして、愛知県警は28日、ともに無職で、女性の長男の砥山俊彦容疑者(34)=名古屋市熱田区中出町1丁目=を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕、女性の父親の修容疑者(79)=同=を同容疑で逮捕し、発表した。俊彦容疑者は「おおむね合ってはいるが、(修容疑者と)話し合ったわけではない」と供述し、修容疑者は「お金がなくて病院に連れて行けなかっただけだ」と説明しているという。 出典:朝日新聞

びっくりですね・・。

自分の母親、もしくは娘を放置したまま死なせるなんて、とても悲しすぎますね。

更に驚くのが容疑者の証言内容でして、「お金がないから病院に行けなかっただけ」というのは、誰がどう解釈しても言い訳にしか聞こえてきませんね・・。

お金がないことのために、家族を死なせるなんて、どうしてそんなことができるのでしょうか・・・。

砥山俊彦容疑者と修容疑者の顔画像は?

今回の容疑者である砥山俊彦容疑者と砥山修容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

・名前:砥山俊彦

・年齢:33歳

・職業:無職

・住所:愛知県名古屋市熱田区中出町1

・被害者から見た関係:息子

・名前:砥山修

・年齢:79歳

・職業:無職

・住所:愛知県名古屋市熱田区中出町1

・被害者から見た関係:父親

顔画像については2人とも、ニュースや報道等で公開はされておりません。

またFacebookアカウントについても調べてみましたが、こちらもそれぞれ本人と特定できるアカウントはありませんでした。

念のため、検索した結果は下記にのせました。

→Facebookアカウントの検索結果はこちらこちら

スポンサーリンク

事件現場について

今回、事件が起きた現場はどのあたりなのでしょうか。

ニュースや報道でうつったマンションから「日比野マンション」に間違いないかと思われます。

日比野駅から歩いてすぐに位置しているみたいです。

マンションの1階部分は「Hair Space」と書いてありますが、美容院関係でしょうかね。

去年も逮捕されている?!

事件の概要で記載していたように、砥山俊彦容疑者は、今回再逮捕されているということで、過去に1回、同一関連の事件で逮捕されております。

日時は2017年の7月23日のことです。

同じく同居していた母親の祐子さん(当時56歳)に対し、暴行を加える等して死亡させた疑いで逮捕されていました。

その時の調べに対して、砥山容疑者は容疑を認めていたのですが、警察の調べでは、祐子さんの死亡と砥山容疑者による暴力との因果関係はなかったとのことでした。

そして今回、砥山俊彦容疑者と、その祖父である修容疑者が共謀して祐子さんを見殺しにしたのではないかと疑いがもたれており、上記2人の逮捕という過程に至っているわけですね。

このことに対して、2人は一部容疑を否認しているとのことです。

被害者の死因は多臓器不全!

被害者の砥山祐子さんが病院に運ばれた当時、顔には殴られた傷やあざがあり、死亡要因は不明だったとのことでした。

しかし、後の司法解剖の結果、死因は多臓器不全であることが判明しました。

たぞうき‐ふぜん〔タザウキ‐〕【多臓器不全】

 
生命の維持に必要な複数の臓器の機能が連鎖的に低下した状態。腎臓呼吸器肝臓血液系・心血管系(循環器系)・消化器神経系のうち二つ以上が同時または連続して機能不全に陥った、致命的状態をいう。重度外傷熱傷感染症ショックなどで起こる。 出典:コトバンク

上記のように、外傷やショック等で起こるケースが多く、傷害や殺人の意図を示す重要な証拠であることが分かります。

大切な大切な家族の一員を、こんな目にあわすなんて人間として最低としか言いようがありませんね。とても残念でなりません。

このような悲しい事件が起きないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする