原悦子の顔画像やSNSアカウントは??診療報酬詐欺で逮捕!!偽造診療か・・?

やってはいけない犯罪が最近多いですね・・。患者さんの信用なんかに関わってくるような犯罪がありました。

2011年から17年までの約6年間にわたって、診療報酬を約144万円だましとった疑いで高齢の医師が逮捕されたのです。

スポンサーリンク

事件の概要

容疑者の医師が経営するのは、岡山県倉敷市にある原医院です。

およそ5年間にわたり、患者さんの診療報酬をだまし取る等した疑いで77歳の女性医師が逮捕されました。

事件の概要は以下の通りです。 ↓ ↓

知人の医師らを診察したように装い、診療報酬約144万円をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課は22日、詐欺の疑いで、岡山県倉敷市の「原医院」経営の医師、原悦子容疑者(77)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成23年10月~昨年6月、知人の男性医師(78)と、その妻(71)を診察したように装い、103回に分けて診療報酬計約144万円を詐取したとしている。 出典:産経WEST

原悦子容疑者の顔画像は?

原容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

・名前:原悦子

・年齢:77歳

・職業:医師

・住所:岡山県倉敷市

顔画像に関してはニュースにて報道されていましたので下記になります。

またSNSアカウントに関しても調べましたが、本人と特定できるアカウントはありませんでした。検索結果は下記になります。 ↓ ↓

Facebookアカウントの検索結果はこちら

原医院の場所は??

原容疑者が運営していた原医院はどこにあるのでしょうか。

上記のように原医院と書いてあります。

それにしても、77歳で医院を運営しているのは凄いですね。

やはり現役時代からの衰えを見せず、長年にわたって続けていたのかと考えると心から凄いなと感じる部分はあるんでしょうけど、ここまで頑張ってきたのに地域の人や患者さん達から診療報酬をだまし取るなんて悲しいですね。

スポンサーリンク

どうして発覚したのか?

原容疑者の診療報酬詐欺はどうして発覚したのでしょうか。

発端は、原容疑者の医院に定期的に通っていた知人の男性医師(78)の発言でありました。

実はこの男性医師も、昨年に同じような詐欺容疑で逮捕されていたのです。

発覚の過程は以下の通りです。 ↓ ↓

この男性医師は昨年8月、過去の自らの患者を診療したように装い診療報酬約25万円を詐取したとして県警に逮捕された。調べに対し、男性医師は「医師の間で無診療による診療報酬の請求が横行している」などと供述。県警が捜査を進めたところ原容疑者の犯行が浮上した。

 県警によると、男性医師は診療を受けずに薬の処方を受けることを望んでいたとみられ、原容疑者は架空の診察を記録した上で薬の処方箋を作成。男性医師は保険適用価格で薬を購入していたという。 出典:産経WEST

上記のような経緯だそうです。

やはり自身の売上や利益を少しでも上げようと架空の報酬を得ようとすれば、いづれはバレてしまうということですかね。

また警察も、ある1人のわずかな証言をもとに容疑者を探し出すという執念さがあるので、さすがだなと感じてしまいますね。

それにしても、「医師の間で無診療による診療報酬の請求が横行している」というのは本当なのでしょうか・・・。

過去にも同様の犯罪が・・

実は原医院がある岡山県倉敷市では、過去にも同じような詐欺容疑で3人の医師が逮捕されているのです。

その内の1人が、上記の78歳の男性医師だというのです。

今回、原容疑者が同じような診療報酬詐欺で逮捕されたことで、倉敷市では4人目の容疑者ということになります。

そうなれば最悪、倉敷市では同じような詐欺で偽造報酬を得ようとする医師がいっぱいいるのではないかと他地域の人達から責められてしまうかもしれません。

そうならないように、祈るしかありませんね・・。

患者さんとの信頼関係は、特に大切なことですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする