小林大介の顔画像やSNSアカウントは?父親を海に沈めるも見つからず?!一体どこへ・・

2016年10月に、実の父親の遺体を愛知県の三河湾に沈めたとして次男の小林大介(31)容疑者が逮捕されました。遺体は未だ見つかっていないとのことです。 どうしてこんなことができるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

事件の概要

事件の発端は2016年10月22日夜のこと。 当時63歳で不動産業者であった小林生治さんが行方不明になったので、同31日に長男が捜索願を出したということです。 事情捜査の末、次男の大介容疑者の証言とそれを裏付ける証拠により、逮捕されたということです。 事件の概要は以下の通り。↓ ↓

父親の遺体を三河湾に遺棄したとして、愛知県警などは10日、同県豊橋市牟呂公文町の農業の次男、小林大介容疑者(31)を死体遺棄容疑で逮捕した。  これまでに遺棄現場とみられる海中を捜索したが、遺体は見つかっていない。県警は今後、詳しい経緯や動機などを調べる。  逮捕容疑は2016年10月24日、父親の不動産業、生治さん(当時63)の遺体を三河湾の海中に遺棄した疑い。遺体はゴムボートで運んだとみられる。  県警によると、生治さんは同月22日に、生治さんの妻が自宅で姿を見て以降、行方不明になっていた。当時、小林容疑者は両親と別居中だった。 

出典:日本経済新聞

方法や手段ともに普通の人だとできないですよね。 遺体を三河湾に沈めた後の1年と約4ヶ月間、どんな気持ちで過ごしていたのでしょう。きっと息の詰まるような日々だったのではないでしょうか。 それよりも、被害者の奥さんや長男のショックがはかり知れないくらいの大きさだと思います・・。心中お察しします。

小林大介容疑者ってどんな人なの?

名前:小林大介 年齢:31歳 職業:農業 住所:愛知県豊橋市牟呂公文町 大介容疑者は普段はどんな人なのでしょうか・・。 自宅の近所の方の話によれば、「にらみつけるではないけど、人と関わりを持たない雰囲気」だそうです。←CBC Newsより

上記の肌色の人柄のような雰囲気なんでしょうかね。 やはり周りの人からちょっと不審に思われちゃうような人だったのでしょうか・・ なお仕事の農業は、十数年前に豊橋市特産のオオバの農場を父の正治さんから引き継いだものだということです。

スポンサーリンク

小林大介容疑者の顔画像やSNSは?

大介容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。 顔画像は報道によって公開されましたので掲載させて頂きます。

またSNSアカウントの方も調べてみたところ、本人と思えるアカウントを見つけましたが、本人だとは断定できませんので、ここではふさせて頂きます。 気になる方はこちらで確認してみて下さい。↓ ↓ Facebookアカウントの検索結果はこちら

犯行現場について

犯行現場について、小林大介容疑者の自宅のある牟呂公文町の地図とそこから遺体が遺棄された三河湾までの地図を提示しました。 小林容疑者は田原市沖の三河湾に遺体を捨てたと証言していることから、上記のマップでいえば、下の方の田原湾付近ということになるでしょうか。 となれば、自宅のある牟呂公文町から車で相当南下したということになりますね。 しかし、田原市沖の三河湾とはいえ、相当広いエリアですから捜索する側もかなり大変だと思います。 また「遺体を遺棄した」ということから、犯行現場は三河湾に着くまでの過程、つまり牟呂公文町内の容疑者の自宅である可能性が高いですね。

どうして父親は死ななければならなかったのか?

そもそも、被害者はどうして死ななければならなかったのでしょうか。 実は逮捕前の聞き込み調査で、小林容疑者は遺体を電動のこぎりで切断した上で、三河湾に捨てた旨を供述していました。 概要は下記の通りです。 ↓ ↓

捜査関係者によりますと、小林容疑者は黙秘していますが、逮捕前の任意の事情聴取で「母親に暴力を振るう父に腹が立った」「遺体を電動のこぎりで2つに切断した」などと供述していました。警察は、まだ見つかっていない遺体の捜索などを続けています。  出典:Yニュース

やはり小林容疑者の犯行だったのですね。さらに、、

愛知県の三河湾に、父親の遺体を遺棄したとして逮捕された次男が、警察の任意の聴取に対し、「殺害も遺体の解体も、父の家の敷地でやった」という趣旨の供述をしていたことがわかった。 

上記の通り、犯行現場は被害者・正治さんの家であることが明らかになりました。おそらく犯行に使用した電動のこぎりも近くに置いてあったのでしょう。 また殺害に関しては、「ハンマーで殴った」と供述しています。 犯行動機に関しても、供述の内容から母親に対しての暴力を見て腹が立ったとのことです。でもやっぱりいくら殺す理由があろうとも、殺人を犯しちゃうと終わりですね・・・。 なお、正治さんの遺体は未だ見つかっておらず、引き続き捜索を続けるということです。状況の進展があり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする